あなたと猫と音楽と

大好きな音楽をテーマにジャンルを問わず、書き込んで、 日々、うちの猫と今までかかわった猫の話、色々な猫の生態も 書き込む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

平均律と純正律

調律・・・僕はギター弾きなのでチューニングという言葉が
     馴染んでますが。

現代の音楽の基本的な調律は、平均律です。

いわゆるピアノの調律ですね。
これは、1オクターブ分の音の高さを
平均に12等分したものですが・・・
これによって、どのキーの曲も弾けるようになるという。
便利な調律です。

が、綺麗にハモらない。
いわゆる、美しいコーラスなどと比べると、
和音が汚いようなのです。

実際ほとんど平均律の曲しか聴いてこなかったので、
分からなかったのですが、
エンヤなどの曲は、純正律をもとにしてるようなので、
聞き比べてみると、ハーモニーの違いがわかります。

濁りが無いんですね。

では、その純正律とはどんなものかというと、
自然倍音の良く調和された和音を、基にした調律ということらしく
例えば、平均律で調律された(例えばピアノ)の「ドミソ」と
純正律の「ドミソ」は違っていて、
ピアノの「ミ」は純正律の「ミ」より半音の100分の14高い
そして、ピアノの「ソ」は純正律の「ソ」より100分の2低い

だから、きれいにハモッたコーラスに比べて、汚く響く。

半音の100分の14と言われてもピンとこないかもしれないが、
普通に、人の耳は半音の100分の2位でも分かるようで、
調和してないと「うなり」として聴こえてくるので、
音痴といわれる人でもわかるはずです。

「うなり」が無くきれいに調和された音は、体にも優しいので
最近その「純正律」で作られて曲もCDで、出てるので
一度体験してみたら、どうでしょうか。

疲れた体に、しみわたります。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドレミファソラシド

音階の「ドレミファ・・・」は、どうやって決まったか?

実は、(聖ヨハネ賛歌)の旋律と歌詞からの引用だそうです。
この曲は歌詞の最初の音が、「ドレミファ順」になっていて、
そこから、持ってきたそうです。

ド=ut~ レ=re~  ミ=mi~  ファ=fa~  
ソ=so~  ラ=la~  (sa~)   

もともとはこの6音だったもので、今から300年ほど前に
オクターブを作るため、(sa~)を参考に(si)にして
シを追加したらしいです。

最初の音(ut)は、歌いやすくするため(do)に
改めたそうです。

テーマ:【祝】ブログ開設! - ジャンル:ブログ

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。