あなたと猫と音楽と

大好きな音楽をテーマにジャンルを問わず、書き込んで、 日々、うちの猫と今までかかわった猫の話、色々な猫の生態も 書き込む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

yukiの思い出⑧初めての出産

時は流れ年も明けた一月、2~3日留守をしていたyukiが真っ白い子猫を一匹だけ連れて戻ってきた。
手のひらにすっぽり収まるような、小さな小さな子猫。
普通4~5匹くらい産むはずだけど、どうしたんだろ。
そんな話をしながら、家族で夕飯を囲みながら話した。
大体どこで産んだんだろ?ここのところ夜になると雪降ってるし。

翌朝子猫は死んでいた。yukiはずっと乳をやっていたのだが。
yukiは子猫のそばから離れようとせず、ずっと呼びかけるようなあやす様な声で鳴いていた。
一体どうして?
一応かかりつけの病院にyukiを連れて行ってみた。
原因はわかった。まず、6月うまれのyukiは妊娠するにはちょっとだけ早かった。
それに加えて捨てられていたyukiを拾った時、重度の栄養失調で成長が他の猫たちより遅れた。
病院で見てもらったとき、yukiの乳は張っていなかった。
普通出産すると乳は張り、ミルクも出てくるものだが、ミルクが出ない。
おそらく4~5匹は産んだであろう子猫たちに満足に乳を与えられず、死なせてしまったのだろう。
ただ一匹生き残った子も、栄養失調だったのだろう。

次は家の中で産んでくれよ。残念な気持ちで子猫を庭に埋葬した。
どんな動物も初産はむずかしい。そんな風にいわれていたのを思い出した。
もっと注意してやれてれば、後悔の残る出来事だった。
スポンサーサイト

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。