あなたと猫と音楽と

大好きな音楽をテーマにジャンルを問わず、書き込んで、 日々、うちの猫と今までかかわった猫の話、色々な猫の生態も 書き込む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

yukiの思い出③トラと探検の日々

まるで、死にかけた幼少期を取り戻すようにあちこち探検するようになったyuki。
家の中のたいていのところは、自分のテリトリーにしてしまったようで、
ある日、姿が見えないなと思ってると冷蔵庫のてっぺんから顔を覗かせたり
二階のベランダから屋根に出て、くつろいでたり。
トイレに入ってると中に入りたいのか、戸をガリガリと。
風呂に入ろうとすると、一足先に入って行き湯船にたまったお湯を前足で恐る恐る触れてみたり。
一番ビックリしたのは朝方、犬小屋から出てきたときだった。

兄貴のトラと一緒に前夜出て行ったかと思ったら、朝、犬小屋から出てくるとは!
書き忘れてましたが、当時の実家では犬も飼っていて、名前が「ブッチー」。
この犬も、先代の犬とは全然違う鷹揚な気の優しい犬だった。

先代の犬は完璧な「番犬」だった。
我が家の身内の者以外には、親戚のホンの数人しか心を許さない犬だった。
その親戚に対しても我が家のものと血の繋がった人のみ限定というこだわりよう。
血の繋がらないものは、我が家への侵入者として扱うので、ある意味非常に優れた番犬だった。
匂いで分かるんじゃないか。法事などで親戚一堂集まるとよく犬の話になっていた。

ところが、二代目「ブッチー」ときたら、近所の人には甘えまくるし、
見知らぬ来客者にも、尻尾を振る有様。
お陰でみなに愛されはしたが、「こいつは泥棒にも尻尾振ってるぞ」なんて、笑われる始末。
新参者であるyukiを受け入れるだけでなく、自分の寝床で一緒に寝てる。
yukiも余程の度胸の持ち主というか、ブッチーのアホ丸出しの鷹揚さというか、
後々までこの二匹は仲良くし続け、家の前に見物者が出るほどだった。

さて、猫としての探検の日々は初めて危険を経験することになる。

ある日いつものように、朝の食事のあとオス猫トラと外回りに出かけていった。
出て数分後、大きな声でトラの威嚇の雄たけびが、聞こえてきた。
庭に侵入者がいる。トラよりずっと成熟した大人の白黒のオス猫です。
自分のテリトリーのど真ん中、我が家の庭に大きな顔をして、別のオス猫がマーキングをしている。

どうなるものかと見ていたが、初めてそこで勘違いに気づいた。
その勇ましい雄たけびは「トラ」のものではなく、侵入してきたオス猫のものでした。
トラは?よく見ると物置小屋に逃げ込み弱々しそうに、唸っているだけという体たらくである。
無理も無いといえばそうだが、トラはまだ子供に毛の生えた程度。
まだ、オス同士の争いもしたことがないのだろう。
そういえばyukiは?庭のあちこちに目をやると、犬のブッチーのそばにいる。
毛を逆立てて、かなり緊張していた。

猫同士のにらみ合いの続く中(実際はトラが一方的に追い詰められているのだが)
ついにトラが動き出した。というより、全速で逃げ出した。
庭を縦横無尽に逃げ回り、ついに木に登った。侵入者より身軽な事が功を奏した形になった。
が、そこから降りられなくなったのも事実で、トラの精一杯の唸り声は泣き声に変わっていった。
その頃にはyukiは、もうとっくに家の中に逃げ帰っていた。
さて、そろそろここまでか。と思い侵入してきたオス猫を追っ払おうとしたのだが、
その猫は、トラを追い詰めるのに夢中になりすぎたせいで、
自分の立ち位置がブッチーのそばになってることに気づきもせず、
思いっきり吠えられてしまった。不意を突かれて体が10cmほど飛び上がったかと思うと
一目散に逃げていった。

危険は去った。にもかからわず、トラは30分以上もかけて木から下りてきた。
この事件が、yukiとトラの関係を変えていく事になった。
スポンサーサイト

テーマ:ブログペット - ジャンル:ブログ

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。