あなたと猫と音楽と

大好きな音楽をテーマにジャンルを問わず、書き込んで、 日々、うちの猫と今までかかわった猫の話、色々な猫の生態も 書き込む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

yukiの思い出⑦発情期

久々にyukiを病院に、ワクチン接種のため連れて行くことになった。
意外におとなしくしてて、あっさり終わった。
秋十月。気持ちいい日々が続く中、またyukiが帰ってこない。
前回の事もあるし、どっかで適当に遊んでるだろと思ってた。
案の定3~4日で戻ってきたが、心なしか太ってるような・・・
餌もやたら食べる。まさか、妊娠?
病院に見てもらいに慌ててまた連れて行く。
先生は「妊娠はしてませんよ。まだできる体じゃないです。とはいえ、生後八ヶ月もしたら
     妊娠できるようになるから、注意してくださいね。」

当時、妊娠に対して心配はしてなかった。
何せ、当時流行ってた「子猫物語」に白猫が出てきてて、やたら人気があったのだ。
実はすでに、ご近所から「白い子供が生まれたら連絡くださいね」などと言われていたのだ。
実家の団地は、犬を飼ってる家は多かったが、猫を飼ってるところはそれほどでもなかった。
理由は簡単。犬は番犬として役に立つから。実益がらみの田舎の発想。
そこに、映画の影響とはいえ白猫の株がグーンと上がってきたのだ。
それに、首輪を付ける前のyukiは野良猫に間違われ、危うく他人の家に貰われていく所だった。
帰宅途中にたまたま、ご近所の家にいるのを見つけたから良かったものの。
うちの猫だということを証明するのに、動物病院の診察記録まで用意しなきゃならなかった。
もちろんその家にも、子供が生まれたら連絡することになっている。

yukiはというと、オス猫を見かけるたび威嚇したり逃げ回ったりしていた。
まだまだyukiの繁殖期は先のようである。

トラはどうかというと、小春日和のある日のこと。
うちの庭に一匹のメス猫が現れた。鳴き声からして発情期を迎えているようだった。
その声に釣られて、様々なオス猫が現れた。
何もうちの庭に集まらなくても、と思ったが面白くて見ていた。
何度かオス猫たちが交尾を試みるが、
メス猫の方になかなか好みがあるらしく猫パンチを喰らっている。
トラも行けよと、家から出してやるもののオス猫たちにビビってしまいウロウロするのみ。
それでもメス猫の気分的なものか、トラにもチャンスが訪れた。
トラは恐る恐る近づいて、なんとか交尾の形を作ろうとするのだが・・
全く上手くいかずパンチを喰らっていた。
僕は姉と一緒に爆笑してました。

その日の夜、yukiの子供はやっぱり白猫かな?
どんな子供が生まれるのか。そんな話で盛り上がった。
トラの話だけは爆笑ものでした。
スポンサーサイト

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。