あなたと猫と音楽と

大好きな音楽をテーマにジャンルを問わず、書き込んで、 日々、うちの猫と今までかかわった猫の話、色々な猫の生態も 書き込む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

猫の思い出と、猫の寿命は何年?

猫は、一体何歳まで生きられるのだろう?

昔飼ってた猫は、ほとんどが野良猫だったり捨て猫だったりしました。
そのうちの一匹、ユキと名づけた猫は子猫の時、
川にビニール袋に入れられて捨てられていました。
学校帰りにか細く鳴く声で、気づいたんですが
一緒に捨てられてる他の子猫は、すでに死んでました。

すでに家には、犬や鳥(ウズラ)魚など飼っていて、
飼えるかどうかな?と、思いながらも、連れて帰りました。
生まれて一週間くらいでしょうか・・・
あまりに小さいその体は、
もろに栄養失調で病院に連れて行ったら、

「人肌に温めた牛乳をお湯で薄めて、
 スポイドで飲ませてやってみて様子を見ましょう」
と言われた。

「ただ、この三日間くらいが山場でしょう」とも言われた。

湯たんぽを使って、体を温めてやりミルクを飲ませてやったが
受け付けなかった。
翌朝、様子を見に行ったら湯たんぽの上に座っていた。
どうやら元気になったらしく、ミルクも飲み始めた。
まだ、歩く時ふらふらしてたが獣医も「もう大丈夫でしょう」
と、言っていた。

真っ白な毛並みに、右目が青で左目が黄色というおかしな猫
だったが、その後はすくすくと成長していき、
年頃を迎え妊娠した。

結局、四回の妊娠を経験し、10年目の春に老衰で寝たまま
息を引き取った。

寿命としては平均くらいなのだろうか?

そこで、調べてみました。

歴代長寿記録

ギネス認定の歴代最長寿猫は、グランパという名のスフィンクス猫の持つ34歳2ヶ月4時間で、グランパは1998年4月1日に天寿を全う。それまでの記録、 1957年にマと呼ばれる猫が打ち立てた34歳1日を更新した。ちなみに、猫の34歳は、人間に換算すると152歳に相当する。

非公式の歴代最長寿記録は、英国デボンのハルウェイ夫人の飼い猫、プスが持っている。プスが死去した1939年11月29日は、プスの36回目の誕生日の翌日だった。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。